ハウスダストって何?

ハウスダストって何?

ハウスダストとは、家の中のホコリやダニ、カビなどの総称です。

 

それにアレルギー疾患のもっとも多くの原因になっています。

 

その中でもダニが一番大きなアレルゲンになります。

 

そして気管支ぜんそくやアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎といった症状が引き起こされます。

 

ダニの死骸やフンは、空気中の舞うほど細かく小さいので、それを吸入することで特にアレルギー症状を起こしやすくなっています。

 

ダニと人間は共存していると断言できるくらいに人間の住居には繁殖しているのが現実です。

 

 

特に、絨毯や畳、寝具などに多く、布製ソファやぬいぐるみなどにも多数生息しています。

 

なので、ダニを完全に避けることは、不可能と言っても過言ではありません。

 

近年、ハウスダストによるアレルギー患者の数は増加の一途です。

 

日本の気候風土も一因ですが、生活様式の変化も大きな原因になっています。

 

昔と違い、高気密高断熱の住宅が増え、洋風インテリアになり、床には絨毯、ソファなどのダニが好む環境に変化してきています。

 

ハウスダストアレルギーが増えるのに伴い、ハウスダスト対応掃除機、空気清浄器、布団乾燥機などの家電製品もよく売れるようになりました。

 

これらの家電を活用しながら、室内のダニを効率よく減少させることが、アレルギー対策として求められています。

アレルギー症状の原因はハウスダスト

鼻炎やぜんそくなどのアレルギー症状の原因物質の総称をハウスダストと言います。

 

具体的には、ホコリ、人のフケ、垢、ダニ、ダニの死骸、ふん、カビなどです。

 

その中でも、日本に生息する「チリダニ」がアレルギー症状の原因になっていると言われています。

 

チリダニは、目で確認するのは難しいくらいの小ささしかありませんが、アレルギー性鼻炎やぜんそくの原因の一つです。

 

ハウスダストによるアレルギー患者数は、年々増加してきており、日本の風土の湿度がダニに適していることが考えられます。

 

でも、それ以外にも生活様式の変化も影響しており、昔の住宅に比べ高気密な住宅が増え、カーペットやソファなど、ダニが繁殖しやすいインテリアも増えてきています。

 

それに室内で、その毛がアレルゲン物質になるペットを飼うことも流行ってきています。

 

これらのことから、ハウスダストアレルギーが増加してきているといわれるのです。

 

その他、アレルギーは遺伝の可能性もあります。

 

両親のどちらかがアレルギー体質を持っていると、子供がアレルギーになる確率は20%前後だそうです。

 

両親ともアレルギーでなくても、子供がアレルギーを発症することもありますから、必ずしも遺伝だけでもありませんが。

 

家の中の全てのダニを退治して除去することは不可能なことです。

 

最近はハウスダストに活用する、掃除機や空気清浄器なども販売されていますから、効果的に活用するといいでしょう。

 

※すーすー茶はハウスダストなどの鼻づまりにも効きますね。

ハウスダストによる咳ぜんそくとは

ハウスダストが、気管支ぜんそくが起きる原因と考えられています。

 

小さな子の場合のおよそ90%くらいがハウスダストによる気管支ぜんそくだとも言われています。

 

ぜんそくは、呼吸困難状態になる病気だというイメージがあると思います。

 

でも、咳ぜんそくも症状としてはかなり辛い疾患です。

 

寝入りばなに出る激しい咳は、もちろん睡眠不足になりますし、かなり体力も消耗します。

 

それに小さな子供の場合だと、付き添って看病する家族にとってもとても大きなストレスになります。

 

 

咳ぜんそくの症状は、発熱、痰などはなく、から咳だけが出ます。

 

風邪かなと思っていてなかなか咳だけが長引いているなと言う時には、ハウスダストが原因かもしれません。

 

気になる症状が出た場合は、呼吸器内科を受診しましょう。

 

咳ぜんそくを予防するためには、原因となるハウスダストをハウスダスト対応の掃除機や空気清浄器なども活用して極力除去するしかありません。

 

夜間の発作が多い疾患なので、寝具の対策はしっかりと行いましょう。

 

布団はこまめに日干しにし、干した後は布団用のノズルを使って、掃除機でハウスダストを吸い取るようにしましょう。

 

咳ぜんそくを薬で治療するときには、抗生物質や風邪薬は効きません。

 

気管支拡張薬や吸入型のステロイド薬がよく用いられます。

 

特に吸入型のストロイド薬は、薬の成分を直接気道に届かせることができるので、少量で効果が得られ、副作用も内服薬に比較して少なくできるため重宝されています。

美容関連リンク

あごのラインのたるみをなくしたいと思いませんか?体重は変わらないのに、たるむせいで「太った?」などと言われたり、老けて見えたりしちゃいます。